第15回バイオレゾナンス医学会全国大会 「医療と暮らし~健やかに生きるための統合医療の知恵~」

医療は急速に変革しつつある。

病名を付けて症状を抑える薬を何年も服用する。そんな医療でよいのでしょうか。

今日、元気な人が明日癌になることはないし、認知症になることもない。

そこには病気になる原因の積み重ねがあるのです。

それを知って自分の生活を変えていく医療がここに始まった。

視聴申し込み方法

チケット
チケット:以下の2種類となっています

①オンライン視聴チケット(先行販売)
 4,000円 (6/30まで)

 

②オンライン視聴チケット(通常販売)
 5,000
(7/1~7/28のAM7:00まで)


※コンビニ / ATM でのお支払いは、2024/07/27 で締め切られます。
お申し込み
オンライン配信の視聴チケット申込み手順はこちら

視聴特典

  • 特典1:大会開催から8月11日(日)まで録画視聴が可能!
  • 特典2:当日の質疑応答へチャットでの参加が可能! (vimeoのアカウントを登録していただくと参加いただけます vimeoの登録はこちら
    PCからのチャットのかきこみ方について動画を作成しました

    上記で解決しない場合は以下のサイトをご確認ください。
    ※「ライブイベントチャット、アンケート投票、質問セッションに参加する」
    (vimeoヘルプセンターのページを参照)

  • 特典3:抽選で演者の先生がおすすめする「書籍」をプレゼント!(抽選で5名様)
  • 特典4:「やっぱり会場に行きたい!」方をご案内!(抽選で5名様)
    ※こちらについては、6月末までにチケットをお申込み下さった方が対象となります。
    会場は東京都内。諸事情で会場の使用ができ無くなった場合は、ご案内ができませんので予めご了承くださいますようお願いいたします。当選された方にはメールでご連絡いたします。
  • 特典5:矢山利彦医師があなたの好きな漢字「一字」を書きます!(抽選で5名様)
    文字学そして書道を30年近く学び続けている矢山医師。
    実は患者さんから「書いて欲しい!」と依頼を受けることもあるんです。

第15回 バイオレゾナンス医学会 全国大会スケジュール

10:00
開会挨拶
10:10
「人類の進化と社会の進化」
天外 伺朗(ホロトロピック・ネットワーク、天外塾主宰)
11:05
「地球の息吹 ~究極の一枚を求めて~」
野村 哲也(写真家)
11:55
昼休み
12:35
ゼロ・サーチを使ったデモンストレーション
13:15
「自浄作用を最大限に生かすがん治療」
萬 憲彰(医療法人医新会よろずクリニック 内科・消化器内科理事長)
14:10
「病気が治る~その先に見えるもの」
青木 秀夫(バイオレゾナンス医学会会員・認定医/青木クリニック院長)
15:05
「医療と暮らし~健やかに生きるための統合医療の知恵~」
矢山 利彦(バイオレゾナンス医学会理事長/Y.H.C.矢山クリニック院長)
15:55
休憩
16:05
Q&Aとフリートーク
16:35
閉会挨拶

※状況によりスケジュールが変更になる場合もございます。

お申し込みの前の確認事項

  • ●お申込みの後のキャンセルや返金は応じかねます。
  • ●オンライン配信を視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
  • ●視聴特典には申し込み締切日があるものがあります。ご確認の上、お申込みください。
  • ●メールアドレスはお間違いないよう登録をお願いします。メールの設定により迷惑フォルダやその他のフォルダに振り分けられたり、受信できない場合もあります。ご確認の上、info@bio-resonance.jpからのメールが届くようにメールの設定を行なってください。
  • ●状況によりセミナースケジュールが変更になる場合がございます。また終了時刻は目安となり、予定時刻が前後する可能性がございます。
  • ●映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。
    またご使用される端末の処理速度や回線状況によって、映像や音声が乱れる場合がございますので事前にネット環境の整備や動作確認をお願いいたします。
  • ●ご視聴には大量のデータ通信を行うため、スマートフォン等の契約会社からの通信料が発生します。 データ通信量が一定の基準に達すると、通信会社より通信速度制限が行われることがあり、契約内容によっては、多額の料金がかかる場合があります。
    そのためご視聴の場合は、有線LAN、Wi-Fi環境でのご利用お願いします。
    なお、発生したデータ通信費用については一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • ●peatix、vimeoなどによる通信障害等で大会当日のご視聴ができない場合、アーカイブにてご視聴いただきますようお願いします。その際は改めて詳細をメールでご連絡いたします。
  • ●ライブ配信終了後、アーカイブ視聴に移行するまでシステムの都合上お時間がかかる場合があります。アーカイブ視聴ができるようになりましたら、改めて視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。
  • ●オンライン配信内容の録画、録音、撮影および資料の二次利用等は禁止となっています。
  • ●領収書はpeatixから発行されます。詳しくはこちらをご確認ください。
  • ●譲渡機能を利用できます。複数枚購入し、譲渡される場合などはこちらをご参照ください。
  • ●セミナー当日はお問い合わせに対応ができません。ご視聴は当日視聴ページより視聴可能となっておりますので、視聴方法など予めご確認くださいますようお願いします。
    https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001934587
  • ●vimeoやpeatixに関するお問い合わせにつきましては、こちらではお答えできませんので、下記のヘルプセンターをご参照ください。
     vimeo peatix
お申し込み

登壇者プロフィール(講演順)

「人類の進化と社会の進化」

イヌイットは「白」を17種以上区別するが、私たちには区別できない。人は四歳くらいで「社会共通の認識様式」に参加する。それが変化するのが「社会の進化」。いま、「進化した人類」がどんどん生まれており、社会が急速に変容しつつある。医療の世界もその変容から免れることはできない。

天外 伺朗(ホロトロピック・ネットワーク、天外塾主宰)

本名、土井利忠。工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。
元ソニー上席常務。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに勤務。
CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボット「AIBO」などの開発を主導。
ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。
現在「ホロトロピック・ネットワーク」、「天外塾」、「フロー・インスティチュート」、「ホワイト企業大賞」、「日本列島祈りの旅」などを主宰。

「地球の息吹 ~究極の一枚を求めて~」

「生きとし生けるものは、地球によって生かされている」。そんな事が感じられる「究極の一枚」を求め、155カ国のワイルドライフを撮影してきました。 「命とは一体何なのか?」、厳冬の北海道で生きるエゾシカが、その答えを教えてくれました。

野村 哲也(写真家)

1974年、岐阜県生まれ。ワイルドライフ・フォトグラファー。
“地球の息吹”をテーマに、北極、南極、アフリカ、南アメリカなどに被写体を追い求める。
渡航先は155ヶ国に及び、世界193ヶ国踏破を目指す。
ナショジオ・フォトコンテスト世界第2位、NATUREやSCIENCE、GEOなど科学雑誌に写真を掲載。著作物14冊

「自浄作用を最大限に生かすがん治療」

がん治療においてみなさんは免疫力を上げようとされると思いますが、免疫は上げるものではなく使うものなのです。その真意と手法をわかりやすく解説します。

萬 憲彰(医療法人医新会よろずクリニック 内科・消化器内科理事長)

消化器内科を専門とする地方の町医者として診療を行う傍ら標準治療が無効な難病に対し人間の治癒力を最大限に引き出すような治療法を常に模索しています。

「病気は治る ~その先に見えるもの」

病気は治る。病気の原因を究明して、それを取り除けば病気は治る。病気の原因は見えないもの、見えない原因をどうして取り除くのか、実際の症例で説明する。見えないものが見えてくると意識が変わるようだ。

青木 秀夫(バイオレゾナンス医学会会員・認定医 青木クリニック院長)

静岡県沼津市生まれ。浜松医科大学卒業後呼吸器内科医として勤務、平成15年富士宮市に青木クリニック開業。
平成13年よりバイオレゾナンス医学会で修行、バイオレゾナンス医学会認定医になる。
産科以外の病気に対応、病気の治し屋さんと自称している。

「医療と暮らし ~健やかに生きるための統合医療の知恵~」

医療は急速に変革しつつある。病名を付けて症状を抑える薬を何年も服用する。そんな医療でよいのでしょうか。今日元気な人が明日癌になることはないし認知症になることもない。そこには病気になる原因の積み重ねがあるのです。暮らしの中に健康に生きていくためのヒントがあります。それを知って自分の生活を変えていく医療がここに始まった。

矢山 利彦(医療法人山桃会Y.H.C.矢山クリニック院長/佐賀県)

バイオレゾナンス医学会理事長。Y.H.C.矢山クリニック院長。
九州大学医学部卒。 漢方薬、鍼灸などの研究、実践を経て、気功に辿り着く。
大学院博士課程にて免疫学を研究後、佐賀県立病院外科医長、東洋医学診療部長を歴任。
2001年、Y.H.C.矢山クリニック開院。

ご協賛企業

coming soon

お問い合わせ先

バイオレゾナンス医学会事務局 担当 畠山
プレスリリース 担当 野中
FAX:0952-62-8904
E-mail:info@bio-resonance.jp
URL:https://www.bio-resonance.jp