[2018.7.1(日)]第9回 バイオレゾナンス医学会 全国大会 魂の目覚める医学

昨年参加いただいた方の感想

  • 参加回数を重ねることでわかるようになってきたこともありますが「バイオレゾナンス医学会って何だろう?」という段階の参加者にもわかりやすく、私自身が学会のことを伝える時に「こういった風に伝えればいいんだ」といったヒントがたくさんありました。
  • 人間は自ら治る力を持っているということ、治らないのはそう思い込まされているだけということが当たり前の世の中になるといいなと思いました。
  • 心理職のため、加藤直哉医師のお話しには非常に共感できました。今回の大会はもともと天外氏の講演を聴きたくて申し込んだものです。興味深く伺いました。他全て参考になりました。
  • どの方もよかったです。色んなことが繋がり、量子力学とは無分別智とは…キーワードがいっぱいで刺激多い一日でした。ありがとうございます。
  • 最近矢山先生のお掃除の本を読んで、住環境について改善したいと考えていたので、しかも分電盤や水など今ある家でもできるので、意欲がわきました。
  • 大変感動的なお話しあり、心からの笑いありでバイオレゾナンスの心が良く理解できました。バイオレゾナンスの根底には深い哲学があることも知りました
  • どの方のお話しも全部生活に活かせる内容でした。
  • ワクチンは打たない方がいいとは聞いていましたが、「なぜなのか」、「ワクチンの回数が増えたワケ」が母里啓子先生のお話でより理解できました。

日程・会場案内

日時
2018年 71日()
9:50 ~ 17:00 (開場 9:20)
会場
日経ホール
(東京・大手町)
住所:東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F

●交通案内
地下鉄
◆千代田線 「大手町駅」神田橋方面改札より徒歩約2分
◆ 丸ノ内線 「大手町駅」サンケイ前交差点方面改札より徒歩5分
◆ 半蔵門線 「大手町駅」皇居方面改札より徒歩約5分
◆ 東西線 「大手町駅」中央改札より徒歩約9分、「竹橋駅」4番出口より徒歩約2分

都営地下鉄
◆ 三田線 「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約6分
地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結

無料巡回バス「丸の内シャトル」
「日経ビル」下車。12~15分間隔で運行。(※一部時間帯を除く ※1月1日のみ運休)
下記のホームページをご覧ください

http://www.hinomaru.co.jp/metrolink/marunouchi/index.html

※駐車場はありませんので公共の交通機関をご利用ください。
※ホール内での飲食はできません。また会場付近の飲食店は閉店しております。あらかじめご了承ください。
※広報活動及び講演DVDとして販売するため、会場ではスタッフが写真撮影、ビデオ撮影を行います。
 写りこんでしまう場合もありますが、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

大きな地図で見る

チケットのご案内

定員
600
チケット
医学会会員(本人) 5,000
当日券 1枚 10,000
事前申込(6月21日まで受付)

※事前申込がおすすめです

1枚 8,000
2枚(1枚あたり) 7,000
3枚(1枚あたり) 6,000
4枚以上(1枚あたり) 5,000
振込先
ゆうちょ銀行
[ 口座番号 ]01770-1-52681
[ 口座名義 ]バイオレゾナンス医学会
●他銀行から同口座への振込を希望される場合
179店 当座 0052681

※高校生以下は無料です。
※手数料はお客様でご負担くださいますようお願いします。
※お申込みの後のお客様のご都合によるキャンセルは応じかねます。
※チケットと振替用紙を送付しますので、1週間以内にお振込ください。
※お申込み後、1週間たってもチケットが届かない場合はご連絡ください。

Webからのお申込みはこちら

講演者プロフィール (講演順)

杉田 穂高(歯科医師)

[ 講演 ] 9:55~10:40 「意識を変えれば、病は治る」
杉田歯科医院院長、日本根本療法協会理事、バイオレゾナンス医学会黒帯指導医、顎顔面育成学会会員。 対症療法ではなく、根本療法を基軸に口腔環境を整え、食事・冷え取り・住環境の改善指導を行っている。 高温低下記憶療法を考案。ボーンキャビティ除去手術、メタルタトゥー除去手術を日本で最初に手掛けた。 難病患者が日本全国、海外からも来院。なるべくレントゲンを撮らない。薬は出さない。 防腐剤入り麻酔は避けるなど、身体にやさしい治療を目指している。

澤田 升男(「神様の宿る家」著者)

[ 記念講演 ] 10:45~11:30 「"住環境で人は健康になる"根拠ある本物の健康住宅」
1963年、岐阜県生まれ。 自身が開発したクアトロ断熱工法をはじめとする特殊な工法を基に真の健康住宅を推奨し、日本一の工務店ネットワークを構築、5,000社以上から支持され健康住宅の風雲児と呼ばれる。 現在は後進の指導に当たるほか、全国の医師からの相談により、クリニックの環境改善コンサルも行う。 著書にはシリーズ累計30万部突破の"神様の宿る家"など多数。

関根 沙耶花(医師)

[ 講演 ] 12:45~13:30 「病院を出よ!まちへ出よ!~総合医が実践するバイオレゾナンス~」
1978年生まれ。総合医・医学博士。 さやかクリニック院長、NPO法人ぐんまHolistic Health College代表。 弘前大学医学部卒業後、自治医科大学地域医療学大学院修了。 治る力を引き出す医療を求め、2012年バイオレゾナンス医学に出会う。2017年群馬県太田市に心と身体両面から診る地域統合医療クリニックを開業し、療育の場として精神科デイケア「ココロカレッジ」を併設している。

出口 光(メキキの会理事長)

[ 記念講演 ] 13:35~14:35 「魂に目覚めれば健康になる」
一般社団法人メキキの会、一般社団法人志教育プロジェクトを創設。 現在、理事長。京都生れ。 慶應義塾大学で実験心理学を専攻、米国カンザス大学大学院で応用行動分析学を学び、博士号を取得(Ph.D.)。 慶應大学、明星大学で教鞭をとり、その後、東証一部上場企業タカキューの社長を8年間務めた。 著者「幸せになる言葉 幸せにする言葉」(水王舎)、「人の心を動かす伝え方」(あさ出版)、「天の暗号」(中継出版)など著書10冊。 裏千家茶道淡交会代議員・東京第六西支部副支部長。 慶應義塾大学心理学三田会会長。柔道三段。

天外 伺朗(CD・AIBOの開発者)

[ 記念講演 ] 14:40~15:40 「無分別智医療の課題」
本名、土井利忠。工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。元ソニー上席常務。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに勤務。 CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボット「AIBO」などの開発を主導。ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。 現在「ホロトロピック・ネットワーク」、「天外塾」、「フロー・インスティチュート」、「ホワイト企業大賞」、「日本列島祈りの旅」などを主宰。

矢山 利彦(ゼロ・サーチの開発者/医師)

[ 講演 ] 15:45~16:30 「魂の目覚める医学」
バイオレゾナンス医学会理事長。Y.H.C.矢山クリニック院長。九州大学医学部卒。漢方薬、鍼灸などの研究、実践を経て、気功に辿り着く。大学院博士課程にて免疫学を研究後、佐賀県立病院外科医長、東洋医学診療部長を歴任。2001年、Y.H.C.矢山クリニック開院。 微細エネルギー検知装置「ゼロ・サーチ」を発明(特許第5132422)。 空手道五段、合気道三段。空海の研究家でもある。

第9回 バイオレゾナンス医学会 全国大会スケジュール

9:20-9:50
開場
9:50-9:55
開会挨拶
9:55-10:40
杉田 穂高(杉田歯科医院院長)
「意識を変えれば、病は治る」
10:45-11:30
記念講演 澤田 升男(建築コンサルタント)
「"住環境で人は健康になる"根拠ある本物の健康住宅」
11:30-12:15
昼休み
12:15-12:35
"ゼロ・サーチ"診療・治療デモ
(初めての方を対象に体験いただきます)
12:45-13:30
関根 沙耶花(さやかクリニック院長)
「病院を出よ!まちへ出よ!~総合医が実践するバイオレゾナンス~」
13:35-14:35
記念講演出口 光(メキキの会理事長)
「魂に目覚めれば健康になる」
14:40-15:40
記念講演 天外 伺朗(ホロトロピック・ネットワーク代表)
「無分別智医療の課題」
15:45-16:30
矢山 利彦(バイオレゾナンス医学会理事長 Y.H.C.矢山クリニック院長)
「魂の目覚める医学」
16:30-16:40
休憩
16:40-16:55
Q&A
16:55-17:00
閉会挨拶

お問い合わせ先

バイオレゾナンス医学会事務局  担当 三宮
FAX:0952-62-8904
E-mail:info@bio-resonance.jp
URL:http://www.bio-resonance.jp

お申込みフォーム

Webからのお申込みはこちら