[2019.7.7(日)]第10回 バイオレゾナンス医学会 全国大会 真実にめざめる医学

お申込みフォーム

Webからのお申込みはこちら

昨年参加いただいた方の感想

  • バイオレゾナンスとは?が一番よくわかりました。
  • 症状を抑えるだけの治癒に繋がらない医療の現状がすすむ中、「治癒する医療」として歯科、医師らが様々な方面からアプローチされていることがわかりました。
  • 現代医療、思想によくマッチしている題目であり、日本人が知らねばならないテーマであった。
  • 一つの講演時間がゆったりしていて、理解しやすかった。
  • 面白かったけど難しかった。理解はできましたが、よく理解はできなかった。
  • わからないということをわからないと言う姿勢に共感できる。
  • 内容はよかったし、わかりやすかったですし、この時間内としては密度が濃かった。
  • ジョークを交えながら難解な概念を身近に語ってくれている。
  • わからない物事はわからない。仮説であるとはっきり説明を受けて納得できました。また最新の現場の状態、状況もわかりやすく説明していただきました。
  • 三回目の参加です(昨年から参加しています)。毎回感じますがとてもよい。内容として有意義、講演者の方自身の魅力も伝わってくる。午前から夕方までですが、冗長さというものを感じない。会場の雰囲気、空気、空間に落ち着きを感じる。とても素敵な機会を設けてくださってありがとう。
  • ゼロ・サーチの体験コーナーで舞台の上を見ていたら、なんだかすごくうれしくなりました。志を同じにした仲間が未来の医療を一緒に行っている。矢山先生は大河も始まりは一滴とおっしゃっていましたが、つかいこなす先生方がこんなにたくさん日本のあちこちで活動していると思うと胸が熱くなりました。ありがとうございました。来てよかったです。

日程・会場案内

日時
2019年 77日()
9:50 ~ 17:10 (開場 9:20)
会場
日経ホール
(東京・大手町)
住所:東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F

●交通案内
地下鉄
◆千代田線 「大手町駅」神田橋方面改札より徒歩約2分
◆ 丸ノ内線 「大手町駅」サンケイ前交差点方面改札より徒歩5分
◆ 半蔵門線 「大手町駅」皇居方面改札より徒歩約5分
◆ 東西線 「大手町駅」中央改札より徒歩約9分、「竹橋駅」4番出口より徒歩約2分

都営地下鉄
◆ 三田線 「大手町駅」大手町方面改札より徒歩約6分
地下鉄「大手町駅」下車C2b出口直結

無料巡回バス「丸の内シャトル」
「日経ビル」下車。12~15分間隔で運行。(※一部時間帯を除く ※1月1日のみ運休)
下記のホームページをご覧ください

http://www.hinomaru.co.jp/metrolink/marunouchi/index.html

※駐車場はありませんので公共の交通機関をご利用ください。
※ホール内での飲食はできません。また会場付近の飲食店は閉店しております。あらかじめご了承ください。
※広報活動及び講演DVDとして販売するため、会場ではスタッフが写真撮影、ビデオ撮影を行います。
 写りこんでしまう場合もありますが、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

大きな地図で見る

チケットのご案内

定員
600
チケット
医学会会員(本人) 5,000
当日券 1枚 10,000
当日会場にて販売します。
事前申込(6月27日まで受付)

※事前申込がおすすめです

1枚 8,000
2枚(1枚あたり) 7,000
3枚(1枚あたり) 6,000
4枚以上(1枚あたり) 5,000
振込先
ゆうちょ銀行
[ 口座番号 ]01770-1-52681
[ 口座名義 ]バイオレゾナンス医学会
●他銀行から同口座への振込を希望される場合
179店 当座 0052681

※チケットと振替用紙を送付しますので、1週間以内にお振込ください。
※高校生以下は無料です。
※手数料はお客様でご負担くださいますようお願いします。
※お申込みの後のお客様のご都合によるキャンセルは応じかねます。
※お申込み後、1週間たってもチケットが届かない場合はご連絡ください。
※お申込者と口座名義が異なる場合は事前にお知らせ下さい。

Webからのお申込みはこちら

講演者プロフィール (講演順)

小川 順子(医師)

[ 講演 ] 9:55~10:40「『時空を超えた真実に生きる』~真実にめざめるための統合的アプローチ~」
京都大学医学部卒。 リウマチ専門医・総合内科専門医。 2011年から3年間インドに渡り、インド伝統医学とヒーリングを学ぶ。 東京都立駒込病院、大塚病院にて、リウマチ膠原病の専門診療に従事。 2018年Y.H.C.矢山クリニックにて、バイオレゾナンス・波動医学研修を修了。リウマチ膠原病の根本治療をライフワークとし、漢方、栄養療法、心理療法、キネシオロジー、波動医学等を、西洋医学と組み合わせた統合医療を展開。

櫻庭 雅文(出版プロデューサー、作家)

[ 記念講演 ] 10:45~11:45 「記憶・執着・怖れを手放して真実の自分にめざめる」
出版プロデューサー、作家。 船井幸雄氏の著作をプロデュースしていたこと、ホ・オポノポノを紹介した ことで知られる。怖れを手放して幸せに生きる言霊の普及に務めている。 著書に『「幸せのタイムライン」に乗る生き方の法則』『あなたにも言霊の奇跡がすぐ起きる』『アミノ酸の科学』など、共著に『みんなが幸せになるホ・オポノポノ』や船井氏との共著など、共訳に『あなたが生きにくいのはチャクラに原因があった』『あなたはすべての答えを知っている』がある。

白川 太郎(医師)

[ 記念講演 ] 12:55~13:55 「『新しいCTC検査~G&CVまで…私は末期がんでも治します』統合医療の最先端をお伝えします」
京都大学医学部元教授。 英国オックスフォード大学医学部留学。 Th1/Th2セオリーを世界で初めて人間で証明。P u b M e d において“ Ta r o Shirakawa”で検索をかけると539の論文がヒットする、日本人医学者としてトップクラスの論文引用 数を誇る世界的な遺伝子学者である。 「末期がん治療専門医」として、統合医学・先進医療で3年生存率6割を実現。如月総健クリニック 院長。 TS-ネットワーク(統合医学先進医療 ネットワーク)代表。

杉田 穂高(歯科医師)

[ 講演 ] 14:00~14:45 「意識の覚醒なくして変化は起きえない!アメノウズメ塾の意識改革」
神奈川県川崎市、杉田歯科医院院長。 アメノウズメ塾塾長、日本根本療法協会理事、日本母親連盟企画制作担当顧問、バイオレゾナンス医学会ブラックベルト認定医。 アメノウズメ塾を始め、ワールドフォーラムや日本根本療法協会、日本母親連盟等の講演、バクロスTV出演などで社会と医 療の覚醒啓蒙に努めている。 また若い世代への啓蒙の為、ロックバンド火花を率い、“覚醒、慈愛、行動”を訴えている。

天外 伺朗(CD・AIBOの開発者)

[ 記念講演 ] 14:50~15:50 「実存的変容と無分別智」
本名、土井利忠。工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。元ソニー上席常務。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに勤務。 CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボット「AIBO」などの開発を主導。 ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。 現在「ホロトロピック・ネットワーク」、「天外塾」、「フロー・インスティチュート」、「ホワイト企業大賞」、「日本列島祈りの旅」などを主宰。

矢山 利彦(ゼロ・サーチの開発者/医師)

[ 講演 ] 15:55~16:40 「真実にめざめる医学 クリーンアップメディスン」
バイオレゾナンス医学会理事長。Y.H.C.矢山クリニック院長。九州大学医学部卒。漢方薬、鍼灸などの研究、実践を経て、気功に辿り着く。大学院博士課程にて免疫学を研究後、佐賀県立病院外科医長、東洋医学診療部長を歴任。2001年、Y.H.C.矢山クリニック開院。 微細エネルギー検知装置「ゼロ・サーチ」を発明(特許第5132422)。 空手道六段、合気道三段。空海の研究家でもある。

第10回 バイオレゾナンス医学会 全国大会スケジュール

9:20-9:50
開場
9:50-9:55
開会挨拶
9:55-10:40
小川 順子(AI和合クリニック、あすかクリニック、宮澤医院)
「『時空を超えた真実に生きる』~真実にめざめるための統合的アプローチ~」
10:45-11:45
記念講演 櫻庭 雅文(出版プロデューサー・作家)
「記憶・執着・怖れを手放して真実の自分にめざめる」
11:45-12:25
昼休み
12:25-12:45
"ゼロ・サーチ"診療・治療デモ
(初めての方を対象に体験いただきます)
12:55-13:55
記念講演 白川 太郎(如月総健クリニック 院長)
「『新しいCTC検査~G&CVまで…私は末期がんでも治します』統合医療の最先端をお伝えします」
14:00-14:45
杉田 穂高(杉田歯科医院 院長)
「意識の覚醒なくして変化は起きえない!アメノウズメ塾の意識改革」
14:50-15:50
記念講演 天外 伺朗(ホロトロピック・ネットワーク主宰)
「実存的変容と無分別智」
15:55-16:40
矢山 利彦(バイオレゾナンス医学会理事長 Y.H.C.矢山クリニック院長)
「真実にめざめる医学 クリーンアップメディスン」
16:40-16:50
休憩
16:50-17:05
Q&A
17:05-17:10
閉会挨拶

お問い合わせ先

バイオレゾナンス医学会事務局  担当 三宮
FAX:0952-62-8904
E-mail:info@bio-resonance.jp
URL:http://www.bio-resonance.jp