第4回バイオレゾナンス医学会九州大会 人は治るようになっている2 副作用なく、著効。見えてきたがん治療への光

前回参加いただいた方の感想

  • 盛りだくさんだったので、帰宅してからゆっくり復習しないと理解できたと言えない。
  • いきなり目からうろこ、自分を変える、変われる気がしています。努力したいと思います。
  • 私がガンになり、矢山先生にお世話になるようになり、私の周りの人たちも少しずつですが、バイオレゾナンスのことに興味をもつようになりましたが、まだ半信半疑なところもあるようです。この考え方がもっと多くの人々に広まり、当たり前になるように多くの場所で大なり小なりの勉強の場を作っていただけたらと思います。
  • 西洋医学の病院で医療事務をしており、ずっと何年も通院している患者様たちを見て他の医療の話を聞けてよかったです。添加物(コンビニ食)、スマートフォンがなくても生きていける世の中になってほしいです。
  • 田川高校の先輩にこんな素晴らしい先輩がいらしたとは!!がんばります。ありがとうございました!
  • 0宣言の家のお話しが興味深かった。今後家の購入、リフォームに役立つと思いました。
  • 家の作り方大好きです。専門家の方の知識ですね。私もアレルギーの子供がいたので、できる限り努力しました。
  • 特に堂園先生の話は興味深く聴き入りました。自分も癌を患っております。お話しから、先生の人となりもヒシヒシ伝わりました。私も診てもらいたいと思わせる先生、お話しでした。九州男児ガンバレ!!
  • 実生活に結び付いたわかりやすい内容でした。明日から一念発起減食します。
  • スライドや実例をあげたり、例えての話などよくわかりました。実際にお元気になられた方のインタビューや危篤だった方のよくなっていく経過など力づけられました。
  • わかりやすくもあり、中には難しすぎるのもあり…
  • 毎年話の内容にわくわくします。今回は癌になっても怖くない!矢山先生に出会えてよかったと感謝しています。矢山先生(私より)長生きしてください。
  • 去年は初めてだったので半分くらいしか理解できませんでしたが、今回は2回目だったのでよく理解できました。
  • 五つの病因論の原因が全ての病気に繋がるということが、目からウロコでした。
  • モリモリ話す先生がいなかった。エネルギッシュで信念に満ちた話し方と滑舌がよかった。アカデミックなだけでなくわかりやすかった。また面白く、為になった。今度の講演ですばらしい考え方に触れ、これまで生きててよかったと思いました。
  • 私は今まで勉強不足のくせにえばっているドクターが大嫌いでした。信用も安心もした心地がしなかったけれど、今度はこんなに良心的でまっすぐした心で信念を貫かれた講師の先生に心から感動いたしました。お仕事に愛を感じました。

日程・会場案内

日時
2017年 910日()
10:20~ (開場 10:00)
会場
公益財団法人 佐賀市文化振興財団
佐賀市文化会館 中ホール
住所:佐賀市日の出1-21-10

※駐車場は限られてますので公共の交通機関をご利用ください。

大きな地図で見る

チケットのご案内

定員
800 懇親会は事前予約が必要です。(佐賀市文化会館内で行います)
チケット
医学会会員(本人) 3,000
当日券 1枚 6,000
事前申込(8月31日(木)まで受付)

※事前申込がおすすめです

1枚 5,000
2枚(1枚あたり) 4,000
3枚以上(1枚あたり) 3,000
懇親会 5,000
振込先
ゆうちょ銀行
[ 口座番号 ]01770-1-52681
[ 口座名義 ]バイオレゾナンス医学会
●他銀行から同口座への振込を希望される場合
179店 当座 0052681

※チケットと振替用紙を送付しますので、一週間以内にお振り込み下さい。
※手数料はお客様でご負担くださいますようお願いします。
※お申込みの後のお客様のご都合によるキャンセルは応じかねます。

Webからのお申込みはこちら

講演者プロフィール (講演順)

佐藤 晃(Y.H.C.矢山クリニック歯科部長)

[ 講演 ] 10:30~11:00 「体の声を聞く歯科治療」
愛媛県松山市生まれ。2003年九州大学歯学部卒業。2010年よりY.H.C.矢山クリニックに勤務。 Y.H.C.矢山クリニック歯科部長。 本当に病気を治すためには歯科と医科の協力が不可欠であることを強く感じ日々診療を行う。 6年前から始めた笑いヨガ教室は、本業の歯科治療をしのぐ腕前になっている。

片岡 京子(Y.H.C.矢山クリニック小児科)

[ 講演 ] 11:05~11:35 「『すこやか小児科の誕生』~子どもは成長するようになっている~」
2001年岡山大学医学部卒業。小児科専門医、博士号取得後に、松山赤十字病院小児科で、小児救急や一般治療と共に、子どもの成長発達やご家族の子育て支援にも携わる。 2013年にバイオレゾナンス医学と出会い、2014年よりY.H.C.矢山クリニックですこやか小児科医師として診療を行っている。

澤田 升男(建築コンサルタント)

[ 記念講演 ] 11:40~12:20 「良質な住環境は人を健康にする~根拠ある本物の健康住宅~」
23歳で父親の経営する工務店を継承。数年で売上2千万から10億円企業に成長させる。 その後、(株)オーパスを設立し会員工務店を800社まで育て、「本物の家造り」を提供。 経営コンサルタントとして建築、医療、食品等の様々な業種を支援し、現在はセミナーや執筆を中心にボランティア活動も積極的に行う。

船瀬 俊介(医療・環境ジャーナリスト)

[ 記念講演 ] 13:25~14:05 「未来を救う『波動医学』」
著書「買ってはいけない」200万部大ベストセラーで話題を呼び、「抗がん剤で殺される」で一大センセーショナルを巻き起こす。 独特の語りで、現代医療・環境の矛盾と問題点に鋭くメスを入れる。 新医学宣言を提唱し、「波動医学」と「ファスティング」の2本柱を伝播中。

山口 論理(山口歯科医院院長)

[ 講演 ] 14:10~14:40 「生き方、考え方を変えて病気を治そう」
1964年2月6日生まれ。平成3年長崎大学歯科部卒業。佐賀県有田町に現在の"山口歯科医院"を開業。院長を務める。 バイオレゾナンス学会会員。顎顔面口腔育成研究所(JACG)会員。

草場 一壽(陶彩画家)

[ 記念講演 ] 14:45~15:25 「めざすは大調和」
1960年佐賀県生まれ。1987年焼き物の里「有田」に入り、独自の研究と実験により世界で唯一の技法、陶器の絵画「陶彩画」を確立する。 奇跡の輝きと評されることも多い陶彩画は、さらに新しい技法を取り入れ、虹色に変化する作品をはじめ後世に残る芸術として進化を続けている。

矢山 利彦(バイオレゾナンス医学会理事長 Y.H.C.矢山クリニック院長)

[ 講演 ] 15:30~16:10 「人は治るようになっている~あなたに伝えたい病気治しの極意~」
バイオレゾナンス医学会理事長。Y.H.C.矢山クリニック院長。九州大学医学部卒。漢方薬、鍼灸などの研究、実践を経て、気功に辿り着く。大学院博士課程にて免疫学を研究後、佐賀県立病院外科医長、東洋医学診療部長を暦任。2001年、Y.H.C.矢山クリニック開院。

第5回 バイオレゾナンス医学会 九州大会スケジュール

10:00-10:20
開場
10:20-10:30
開会挨拶
10:30-11:00
佐藤 晃(Y.H.C.矢山クリニック歯科部長)
「体の声を聞く歯科治療」
11:05-11:35
片岡 京子(Y.H.C.矢山クリニック小児科)
「『すこやか小児科の誕生』~子どもは成長するようになっている~」
11:40-12:20
記念講演 澤田 升男(建築コンサルタント)
「良質な住環境は人を健康にする~根拠ある本物の健康住宅~」
12:20-13:00
昼休み
13:00-13:20
"ゼロ・サーチ"診療・治療デモ
(初めての方を対象に体験いただきます)
13:25-14:05
記念講演 船瀬 俊介(医療・環境ジャーナリスト)
「未来を救う『波動医学』」
14:10-14:40
山口 論理(山口歯科医院院長)
「生き方、考え方を変えて病気を治そう」
14:45-15:25
記念講演草場 一壽(陶彩画家)
「めざすは大調和」
15:30-16:10
矢山 利彦
(バイオレゾナンス医学会理事長 Y.H.C.矢山クリニック院長)
「人は治るようになっている~あなたに伝えたい病気治しの極意~」
16:10-16:25
休憩
16:25-16:45
Q&A
16:45-16:50
閉会挨拶
17:10-19:00
懇親会(事前予約要)

お申込みフォーム

Webからのお申込みはこちら

お問い合わせ先

バイオレゾナンス医学会事務局  担当 三宮
FAX:0952-62-8904
E-mail:info@bio-resonance.jp
URL:http://www.bio-resonance.jp